目が悪いと物が見えなくなるというデメリットだけではなく、頭痛を引き起こす恐れもあるでしょう。 目が悪くなるとピントを合わせようと必死に頑張るため、目が疲れやすくなります。 そうすると、目の筋肉が緊張してしまい、頭痛が起こってしまうという訳です。 そして、度数が合わないメガネ・コンタクトレンズを使用したり、目が悪いのにも関わらずメガネやコンタクトレンズを使用しないと、余計に目を疲れさせ、ますます頭痛が悪化する可能性があります。 片方は目が良くて片方が目が悪いというように、左右で視力が違う場合も、目への負担が大きいので、頭痛が起こりやすいです。 そのため、視力低下に伴う頭痛が起きている場合には、すぐにでも自分に合ったメガネやコンタクトレンズを作るようにしてください。 また、視力低下と頭痛が一緒に起こった場合、もしかすると、何かしらの病気によって引き起こされている可能性もあります。 脳腫瘍や急性緑内障といった病気になると、視力低下と頭痛が一緒に起きるので、不安に感じる場合は一度専門医に相談された方が良いでしょう。